【初産】30代前半出産レポ~妊娠41週・自然分娩・陣痛促進剤で5時間のスピード出産~<後編> 

マタニティライフ

こんにちは、

産休中のめぐぴよです!

いよいよ出産レポ・後半です。

前半をお読みでない方は、こちらをどうぞ☆↓

【初産】30代前半出産レポ~妊娠41週・自然分娩・陣痛促進剤で5時間のスピード出産~<前編>
出産予定日を8日過ぎての陣痛促進剤を使った出産をし、自然分娩で無事に女の子を出産しました!出産前日から当日までの出来事や不安に感じたことなどをまとめました。

14:00~ 陣痛逃がしポーズがとれなくなる

ガクッ!!

今までベッド上で陣痛逃がしポーズ(カエルさんみたいなポーズ)をしていましたが、陣痛の痛みがさらに増してきたため、体勢がくずれ、膝がついてしまいました。

『陣痛逃がし』も、ここまでか・・・。

たびたび助産師さんが病室へ様子を見に来てくれたとき、カエルさんポーズでは恥ずかしかったので、ノックされた瞬間に膝をついたりしてごまかしていました。笑

その気遣いはなくなって楽だけど・・・(‘ω’)笑

ほかに陣痛逃がしのなにかいい方法はないか・・・

以前、産院からいただいた『陣痛・出産時の呼吸法』のプリントをかばんから取りだしました。

母が『ラマーズ法』の呼吸をすると、全然痛くないよ!!!

と助言してくれたのを思い出し、実践すると・・・

これが全く効果なし( ゚Д゚)

うまく出来ていたかわからないけれど、私にはダメでした。

💡ちなみに、個人的に一番良かったのはシンプルに腹式呼吸です。

出産のサポートをしてもらえるかも!?

見習の助産師さんがいるんだけど、出産の立ちあいをしてもいいかな?

腰をさすったり、うちわであおいでくれたりと、出産のサポートもしてくれるよ!

『腰をさすられると楽になる』

経産婦の姉から聞いていたけれど、コロナで立ちあい出産ができなかったので諦めていました。

『やった!これでお産が楽になる!!』

ラッキーとしか思えない状況で本当にうれしくなり、喜んで承諾しました。

すると数分後・・・

見習い生が、今日は数をこなしすぎて疲れちゃったから立ち合いはやめになりました。

えー!!( ゚Д゚)

やはりサポート無しになりました。笑

念願の分娩室へ

痛みが限界に差しかかってきました。

ベッドの手すりに寄りかかり、もだえ苦しんでいると助産師さんが病室に入ってきて

『すごい状態になってる・・・』

と呟いたのが聞こえました。笑

今思うと、このときが一番ツラかったです!

内診をしてもらうと子宮口が8センチになっていました!

良いですね!

分娩室へ行きましょう!

行く!!

待ちに待ったその言葉を聞き、陣痛が和らいだように感じました。笑

そして、陣痛に耐えながら分娩室へと向かいました。

YouTubeなどで見たことのある”分娩室”!!

やっと来れた!!

助産師さんは二人いましたが、冗談を言い合っているほどの余裕でした。

陣痛と闘っていて、しかも今から無事に出産できるか不安を感じている私とはかなりの温度差がありました。笑

でもそれが、”リスクのある出産”ではないから??

だとすると、そんなに気負いしなくても良いの??と思いながら、緊張と期待の中、ベッドに横たわりました。

分娩台はコロナ対策のためか、下腹部から先はパーテーションで仕切られていました。

時短を求めて

助産師さんが子宮口の状態を見たり、下腹部を押してなにかを確認している様子。

うーん、尿が溜まっているかな?

トイレに自力で行くか、管を使うかになるけど、どうする?

尿ですか!?( ゚Д゚)

我慢してたつもりはないし、出産後行くから良いです、心配しないでください、と言いたいところでしたが、どうやらそれではダメっぽい雰囲気( ゚Д゚)

横たわってるのに、また起き上がるの??

管でお願いします。

・・・でも『管を通す』って時間かかりそう・・・。

そのとき、分娩室にあるトイレのドアが目に入りました。

近い、近いやんトイレ( ゚Д゚)

『・・・トイレ、行きます。』

そう言って上体を起こすと、助産師さんがびっくりしていました。

自力で行くのはダメ出しだったんかい( ゚Д゚)

助産師さんに付き添ってもらいながら、陣痛が落ち着いたときにシャカシャカ歩き、トイレに行きました。

早く産みたい一心だったんです。

いきむ!

さーて、トイレも済んだし出産するぞ!!

スマホを渡してくれれば生まれた瞬間を撮りますよ♡

助産師さんがそう言ってきてくれましたが、切羽詰まった状態だったため、

”陣痛でそれどころじゃない!!

ていうか、ちゃんと子どもを産められるかわかんないし!!

と思いましたが、

『・・・よろしくお願いします。』

と弱々しく渡しました。

お産という究極の中で、”やっぱり写真は大切!!”と冷静になりました。笑

助産師さんの合図に従って、何回かいきむも、いっこうに出ず。

いいよいいよ~!

上手~♡

じゃあもう一回やってみよう!

褒められるわりにはなかなかあかちゃんが出てこない。笑

そういえば、おへそをみると良いって聞いた!と思い、おへそを見ようとしたら、勢いあまって体育の上体起こしくらいまで体を起こしていました。笑

これ、体起こしすぎじゃない?笑える状況??

と客観的に思いながらも、その後3回くらい繰り返していたら、出ました。笑

陣痛が痛すぎたせいか、いきんだときの痛みの感覚がまったくなく、気付いたら産声が聞こえました。笑

時間は15:27。

10時過ぎに産院に着いたので、約5時間の出産となりました。

人生の中で、必死に生き抜いた、痛みに耐えた5時間でした。

404: ページが見つかりませんでした | 共働き夫婦のわくわくFIREプラン
「え?!明日から家族でヨーロッパ1周!?いつの間にFIREしてたの?」

出産後の処理~会陰など~

出産予定日を一週間超えていたので心配していましたが、元気な産声が聞こえてきました。

疲れ果て目から涙が。そう、感動ではなく、『やっと産んだ~』という達成感でした。笑

その後は胎盤を出したり、縫合したり・・・。

縫合!?どこ縫ってるの!??

聞くと、会陰裂傷ではなく、腟壁裂傷をしたみたいでした。

傷が浅かったのか痛みはほとんどなく、その後のトイレも怖くありませんでした。

会陰マッサージをして挑んだ甲斐があった!!☆

実はやっていました!笑

出産後2時間は分娩室へ滞在し、主人に来てもらって3人で写真を撮ってもらったり、あかちゃんに母乳を飲ませていました。

今まで出なかったのに、出産直後に母乳が出てびっくりしました!!

私のからだってどうしちゃったの!?状態です。笑

女性の体は神秘的ですね!

分娩室からは入院のための部屋へ助産師さんが車いすを押してくれて移動したのですが、体にそれほど痛みがなかったので

『なんでだろう?』と不思議に思うくらい、体は平気でした。

出産してみた感想

大仕事を成し遂げた

感動でいっぱいです♡

と言いたいところですが、私はひとつ大きな仕事を成し遂げた感じでした。笑

おなかのあかちゃんと過ごした約10ヶ月間を振りかえると、つわりで苦しかった時期がありましたが、うれしかったこと、楽しかった思い出もたくさんあります。

詳しくは今までの記事をご参照ください♡

妊娠初期の心と体の変化をまとめました 妊娠5~6週

そして最後にきた陣痛。

陣痛、痛かった。笑

出産後、

『こんなに痛い思いをするなら、もう産めない!!』

と思いました。笑

不思議とどんな痛さかは忘れてしまいましたが。笑

けれど、次に産むときは経産婦なので、初産に比べ陣痛の時間も短いらしいです。

なので今回よりも楽に産めるかもしれません。

できれば2人目がほしいので、頑張っちゃおうかな!?

産院のごはんもおいしかったし♡

ホント!?”お腹を痛めて産んだからカワイイ説”

”お腹を痛めて産んだからカワイイ”

なんて、よく聞きます。

これをいうと”淡泊な人”と思われるかもしれませんが、私は特にそう思いません。笑

妊娠前と変わらず、”食べて、寝て”を繰り返しただけでお腹のなかですくすく育ち、お腹が大きくなったから出した、というだけなんです。笑

もちろん子どもは欲しかったですよ!

産んだあと、助産師さんがベッドの横に連れてきてくれた泣いているわが子。

『無事に生まれて良かった!でも、今からどうすればいいの!?』

あやし方も母乳のあげかたもわからず、戸惑うばかりでした。

入院中、母乳をあげたりあやしたり、おむつを替えるなどのお世話をしていて、

”こうやって親になるんだ”とはじめて思いました。

育てていくうちにだんだん”親”になっていく、こどもに親にしてもらうのかなって。

まさかの”産んだだけでは足りない説”、自分でもびっくりです。笑

ということで現在、新米ママで奮闘中( ゚Д゚)♡

これから出産される方、出産された方、私のストーリーはいかがでしたでしょうか?

少しでも参考になればうれしいです♡

妊娠中のブログ記事から見ていただいた方、本当にありがとうございました!

今後も育児などについて発信していきますので、よろしくお願いします♡

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました