【赤ちゃん連れ】旅行を楽しむ方法とは?九州周遊~福岡編~

子育て

こんにちは、めぐぴよです!

先日、お休みが1週間とれたので九州を周遊してきました!

【赤ちゃん連れ】での旅行がはじめてだったことや、夫婦ふたりとも九州は行ったことがなかったので不安でしたが、とても楽しく旅行ができたのでブログにまとめてみることにしました。

旅行を楽しむためのポイントは、赤ちゃんにご機嫌よく過ごしてもらうことです!!

そのためには、授乳・おむつ替え・寝る時間を確保すること大切です。

また、旅行中の【赤ちゃんのワンポイントアドバイス】もご紹介します。

これから旅行をされる方の参考になればうれしいです☆

旅のコンセプト

今回の旅のコンセプトは、『みんなスマイル!赤ちゃん連れでも観光・美食を満喫しよう!』です。

主人と私
主人と私

…僕、はじめて聞いたんだけど

赤ちゃん連れだとどうしても帰宅時間を早くしないといけないとか、おむつ替えや授乳に追われます。

赤ちゃんは立派な家族の一員!

みんな笑顔で旅行をしたいから、あかちゃんにできるだけ負荷を与えないようなゆったりとしたプランを計画して、なにかあっても臨機応変に対応していこうね!と出発前に夫婦で話し合いました。

ということで、それをまとめると上記↑↑のコンセプトになります☆

交通手段

交通手段はすべて公共交通機関を利用しました。

周遊中に利用したのはバス、電車、タクシー、飛行機、船。

ほとんどですね!笑

うちのあかちゃんは0歳のあいだにたくさんの乗り物に乗りました( ゚Д゚)笑

1回だけ、バスに乗ったときに泣かれて大変な思いをしましたね~( ゚Д゚)

赤ちゃん連れだとレンタカーのほうが気兼ねなく過ごせていいかもしれません。

好きなときに授乳やおむつ替え、お昼寝もさせられますしね☆

とくに元気なあかちゃんがいる方は、ぜひご検討を( ゚Д゚)♡

旅程

あかちゃん連れなので、ゆったりとした旅程にしました。

 <1日目>

 ・飛行機に乗る

 ・博多でラーメン【ランチ】

 ・大宰府天満宮

 ・もつ鍋”いっとく”【夕食】

 ・屋台【夜食】

博多に行ったらやっぱり【屋台】に行きたい!!

でも屋台って夜だよね~と2人でテンションが低くなりましたが、

ガイドブックを見ると屋台の営業時間は19時~午前1時ごろとのことで、雰囲気をあじわうためにちょっとつまんで帰る計画にしました。

 <2日目>

 ・朝食

 ・高速バスで移動→大分県別府市へ

九州周遊なので、福岡は1泊のみにしました。

空港

中部国際空港から福岡空港へ行きました。

空港は人がたくさんいてがやがやしていてとってもワクワク♪

ベビーカー

チェックインカウンターのところにベビーカーが2種類、貸し出されていました。(無料)

うんうん、赤ちゃんも快適そう♡

それにしても、春休みの3.24は混んでいました。

時間を気にしつつ、あかちゃんにちょっかいをだしながら過ごしました♪

搭乗のタイミング

うれしいことに、赤ちゃん連れだとはやめに搭乗ができます!

なので、搭乗入口のちかくで待っていることをオススメします。

私たちはおむつ替えやなんやらで、結局最後尾で搭乗しました( ゚Д゚)

赤ちゃんの耳抜き

離陸と着陸するときは気圧が大きく変化します。

そのため耳が詰まりやすくなりますが、赤ちゃんは自分で耳抜きができないので対処する必要があります。

やり方は、離陸態勢や着陸態勢に入ったときにミルクまたは母乳を飲ませるか、おしゃぶりをくわえさせるといいそうです。

ちなみに、寝ている場合はなにもしなくていいらしいです。

私は母乳をあげて乗りきりました!

みなさんもぜひ試してくださいね!

福岡へ到着!ホテルに荷物を預ける

福岡空港に着き、地下鉄で博多駅へ!

博多駅を出たすぐのところに、オシャレなホテルが!!

建物が都会っぽい~!!

立地抜群!ホテルフォルツァ筑紫口に滞在

博多駅筑紫口から徒歩1分の立地で、とてもアクセスの良いホテルフォルツァ筑紫口に滞在しました!

地下鉄やバスを利用したのでとても便利でした。

ユニットバス以外のお部屋をチョイス!

リラクシングツインルームだとバス・トイレが別になるので、そちらをチョイス。

また、ユニットバスではないため赤ちゃんとしっかりお湯に浸かれます。

ただお風呂にイスがないのでバスタブの手すりに座って赤ちゃんを洗いました。

みなさん、ご利用の際ひっくり返らないようにお願いします!( ゚Д゚)

また多機能シャワー付きで、シャワーの噴射口が頭上から足元あたりまであるので、頭上から、横からと全身にシャワーを浴びることができます。新感覚。笑

興味のある方はぜひ♡

ほかにもナノケアスチーマーがあるので、美意識が高い人にはとってもオススメです♡

ランチは福岡ラーメン!~デイトスの博多めん街道~

ランチはもちろん福岡ラーメン!

JR九州博多駅構内にあるデイトスの博多めん街道でラーメンを食べました。

【博多らーめんShin-Shin】に並んでいましたがかなり混んでいたため【長浜ナンバーワン】へ。

赤ちゃんのワンポイントアドバイス

 ・待ち時間をできるだけ減らす

博多らーめんShin-Shinに並んでいるときは赤ちゃんは静かでしたが、ずっと立ち止まっていると機嫌がわるくなりそうだったので、すぐ食べられるところにお店を変更。


案の定、食べているときすぐにぐずり始めたので正解でした!

大宰府天満宮へ

工事中でした!!( ゚Д゚)(2023.3.24現在)

バスか地下鉄で行けます。

地下鉄は乗り換えがありますが、バスは直行なので楽です。

はじめての方はバスがオススメですが、地下鉄よりも本数が少なく混みやすいので繁忙期は気を付けてくださいね!

バスで泣かれる事件勃発

バス停でならんでいるときからぐずりだし、あまり機嫌がよくありませんでした。

『バスで寝ればいいね』なんて話してたら、席に着いた瞬間ギャン泣き約5分( ゚Д゚)

<br>

冷や汗がとまりませんでしたね。

赤ちゃんのワンポイントアドバイス

 ・何かする前にぐずりだしたら、おむつ替えまたは授乳をして【整える】

帰りは授乳&おむつ替えをして【整えた】ので、機嫌よく帰ることができました♪

夕食はもつ鍋!~いっとく家 本店~

博多といえばもつ鍋!!

るるぶに掲載されていたので行きました!

ほかのお店も調べたのですが、春休み&週末だったからか1ヶ月前から予約がいっぱいのお店が多かったです。

さすが、もつ鍋は人気なんですね!!

ここのお店は1ヶ月前に予約をしておさえておきました。

みなさん、行くときは早めのご予約をお願いします!

だしは濃いめで、締めはめんにして楽しみました♡

もつ鍋最高っ♡

ちなみにあかちゃんは、ひとりで寝転がったり、パパに抱っこしてもらっていました♪

屋台~天神~

はじめての屋台!

歩道にならぶ屋台を見て『同じ日本なのに文化が違うな~』としみじみ。

屋台をのぞきながら歩いていると、あかちゃん連れのかたが屋台で食べていて、ご一緒したかったですがなかなか席が空かず断念( ;∀;)

屋台によってはたばこを吸われている方がいました。

客層と混みぐあいを見ながら、天神駅から一番近い屋台にはいってみることに。

天神駅の最寄り屋台~河ちゃんへ~

お客さんはサラリーマン、女子旅のかたなどさまざまでした。

けれどみんな人良さそう☆

居心地は悪くなく◎

相席みたいな、あまり経験したことがない不思議な空間で、だれと話すこともなく、家族でキャッキャと、小さい声でこしょこしょ話しました。笑

めんたいたまご焼きと、ウーロン茶を飲んで帰宅。

屋台ってこんな感じなんだね~♡こしょこしょ

雨がパラパラ降ってきましたが、天神駅がすぐ近かったのであまり濡れずにすみました。

赤ちゃんのワンポイントアドバイス

 ・屋台は時間・客層・たばこを吸っている人はいないか確認してからはいる!

朝食

博多駅の地下の【百菜】へ。

同じフロアのめんたいこ食べ放題のお店に入りたかったのですが、すでにスーツケースを持っている方などの行列ができていたので空いているほうへ。笑

食べたい時間の30~40分まえに行くといいかもしれないですね!

メニューはこんな感じです。

コーヒーは無料でセルフサービスでした。

まとめ

今回は、赤ちゃん連れの福岡旅行についてまとめました。

赤ちゃんのご機嫌をとるポイントは、授乳・おむつ替え・寝る時間を確保することとわかっていますが、旅行中だとなかなかその時間を確保することが難しくなります。

どこで授乳・おむつ替えができるかなどを前もってリサーチしておく事前準備が大事です。

今回の旅はおむつ替え・授乳のタイミングが悪かったのがぐずってしまった原因かなと反省しています。

また、赤ちゃんとの旅行に欠かせないのが抱っこひもです!

ベビーカーも便利ですが、混んでいたり段差が多いところだと移動が大変です。

今回の旅行はベビーカーは持って行かなかったので、ずーっと抱っこひもで行動していました。

疲れにくく使いやすい抱っこひもが旅行の必需品です!!

楽しく旅行をするためには、良いグッズ選びがポイントになってきます。

私も旅行の直前に抱っこひもを購入しました。

下記のエルゴベビーは口コミ評価が高かったので載せておきますね!

メッシュで風通りもよく、洗濯機でも洗えるので管理が楽そうです。

その後も日常で活用でき数年使えますし、購入するにはいい機会だと思います!

のちのち、『この抱っこひもで旅行したな』と思い出に残りそうです。

赤ちゃんと快適にお出かけをして、より豊かに子育てライフを過ごせるとイイですね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました