出産手当金はいつもらえるの?産後3ヶ月でもらった体験談

マタニティライフ

こんにちは!2022年8月に娘を出産したワーママのめぐぴよです!

はじめての妊娠・出産・育児と、なにもわからないまま、出産準備からお金だけがとんでいく日々。

そして産後、なかなか振り込まれない『出産手当金』。

もんもんとしている中、結局振り込まれたのは産後約3ヶ月でした。

いつ・いくら振り込まれるかを知っておくだけで、気持ちの準備ができお金の計画が立てられます。

このブログを読んで少しでも参考にしていただければ幸いです。

出産手当の対象期間

産休期間は出産予定日の6週間前~産後8週間までの期間(98日分)です。

約3ヶ月と少しなので、まとまった額になります。

産後8週間経たないと申請できない

産休が終わったあとではないと申請ができません。

8週間の産後休暇を取得してすぐ申請しても、振り込まれるのは出産日から3ヶ月後くらいになるそうです。

振り込まれるまで夕飯は一品料理になります・・・。

申請書記入のスムーズな段取り

振り込まれるのは遅いにしても、自分で記入したり、お医者さんに記入してもらう項目などがあるため、スムーズに産休手当金の申請書を業務の方に渡すための段取りをご紹介します。

①産休休暇前に、業務の方から出産手当金の申請書をいただき、自分が記入しなければいけない項目を確認・書いておく。

産後、産婦人科に入院しているあいだに、受付の方に申請書を提出し、お医者さんの必要項目を記入してもらうよう依頼しておく。

そうすると、退院時にいただけます。

日付など間違えられているときがあるので、必ずチェックしてください!!

私は間違えられて、また病院へ行くはめになりました( ゚Д゚)

産後はあかちゃんのことや自分のからだが大変で忙しいとは思いますが、これをやっておくと二度手間になったりせず、申請書の記入がスムーズに済みます。

出産手当金で支給される金額

過去12ヶ月の給料(標準報酬月額)を基準とした日給の2/3に相当する額と定められています。

出産予定日がずれると支給額も変わる

出産日が早まると支給額がその分減ります。

逆に遅くなると、支給額が増えます。

私の場合は8日間も遅れたので、その分支給されていました!

【初産】30代前半出産レポ~妊娠41週・自然分娩・陣痛促進剤で5時間のスピード出産~<前編>
出産予定日を8日過ぎての陣痛促進剤を使った出産をし、自然分娩で無事に女の子を出産しました!出産前日から当日までの出来事や不安に感じたことなどをまとめました。

まとめ

産休手当金は、出産後から約3ヶ月はかかります。

出産準備でお金を使うことが多い中、約3ヶ月分のお給料が振り込まれるのがとーっても遅い!!

妊娠中から、お金のやりくりをしていく必要がありそうです。

私は出産予定日から8日間遅れて出産をしました。

ツイッターを見ると、40週より早く出産されている方がたくさんいて、

とても羨ましく、『私も早く産みたい!!』

とずっと思っていました。

最後は不安になり、気分が落ち込んでしまいましたが、遅れた8日間分の手当金がついたので、

無事に産まれたし、ま、いっか!!(^^)!笑

支給されるのがいつ・いくらくらいもらえるのかを知っておくだけで、『こんなはずじゃなかった』を防げます。

産前・産後はなにかとハプニングがつきものなので、こういった下調べが事前にできるものはしておくといいですね!

少しでも参考になればうれしいです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました