【11ヶ月の赤ちゃん】美女と野獣のアトラクションはいつから乗れる⁉

子育て

2020年9月、実写化されて大人気の『美女と野獣』のアトラクションが、ついにディズニーランドに登場しましたよね!

早く乗りたい気持ちでいっぱい!!

でも私には生後まもないあかちゃんがいるの…

なんて、小さなお子さんがいる家庭も多いですよね!

では、いつから子どもがこのアトラクションに乗ることができるか、気になりますよね!

結論から言いますと、赤ちゃんでも乗れます!

ただし、『上手にお座りができる』という条件つきです。

それでは、わが子の実体験もあわせて詳しくご紹介します☆

美女と野獣”魔法のものがたり”のアトラクションに赤ちゃんは乗れる?

乗れる条件とは?

乗れる条件

 乗り物に1人で座って安定した姿勢を保てればok!!

先ほどもお伝えしたとおり、赤ちゃんでも乗れます!

ただし、『おすわりが上手にできるかどうか』という条件つきです。

成長には個人差があるので、生後〇ヶ月~と言いにくいです。

なので、こどもの成長を親が見て判断する、ということになります。

乗り方は?抱っこひもでも乗れる?

 ・一人で座る

 ・大人の膝上に座らせる

抱っこひもは使ってはいけないので、ひとりで座らせるか、大人の膝の上に座らせます。

乗車前までは抱っこひもでならぼう!

敷地内の前にベビーカー置き場がありますが、置いてからアトラクションに乗るまで1時間以上はならびました。

抱っこひもではアトラクションは乗れませんが、乗るまでは抱っこひもがあるととっても便利です!

わが家で愛用しているのはコチラ↓

お値段がお手頃価格で、ヒップシートもあってなにかと便利です♪

着脱も簡単で使いやすいですよ。

10ヶ月の赤ちゃんの『美女と野獣』の体験レビュー!

乗車までのながれ

乗れるか確認!

列に並ぶまえに、キャストの方に赤ちゃんが乗れるか確認をしました。

『赤ちゃんは一人で安定してお座りできますか?』

記憶をたどると、上手にお座りしながらティッシュボックスから大量のティッシュを出していたことを思い出し、

『おすわりは上手にできます!』と回答。

キャストさんの了承を得て並びました。

ティッシュ事件のインパクト大だったわね

暗い部屋に入る

アトラクションに乗る前に、暗いお部屋に入ります。

娘はそこで一瞬ぐずりましたが、プレショーが始まるとおさまりました。

一瞬冷や汗をかきましたが、なんとかクリア!!

アトラクション中

今回はパパの膝のうえで乗車させました。

終始静かで、アトラクションを楽しめました!

さすが娘、こういうロマンチックなの好きなのかな♡

乗り物は激しい動きはありませんが揺れるので、しっかりお子様を支えてあげてくださいね!

アトラクションで気を付けること

いかに機嫌よくいてもらうか保護者が責任をもって支える、です。

子どもがぐずったりしたらまわりに迷惑を掛けてしまうので、やっぱりいつでもいかに機嫌よくいてもらうかが大事ですよね!

乗車前におむつ替えや母乳・離乳食をあたえお腹を満たし、生理的な不満を解消してコンディションを整えておきます。

暗いお部屋が苦手でも、コンディションを整えておけば意外に機嫌よくいてくれるかもしれません。

不快を除去!!

また、乗車中は保護者が責任をもってしっかり支え、危険を防止します!

実際に赤ちゃんとアトラクションに乗車した感想

赤ちゃんと一緒に美女と野獣をはじめ、ディズニーランドを楽しめたのはとってもうれしかったです!

けれど、アトラクションは危険をともなうので『楽しむ』だけではなく、『気を張って』挑んでくださいね。

うっかりしていると危険な目に遭ってしまうので、くれぐれもお気を付けください!

やっぱり、アトラクションの乗車中は少しそわそわしました

まとめ

 ・美女と野獣”魔法のものがたり”のアトラクションに赤ちゃんは乗れる?

 ・乗車までは抱っこひもで並ぼう!

 ・10ヶ月の赤ちゃんの『美女と野獣』の体験レビュー

 ・実際に赤ちゃんとアトラクションに乗車した感想

 ・アトラクションで気を付けること

今回は美女と野獣のアトラクションはいつから乗れるのか、赤ちゃんの体験レビューについてご紹介しました。

娘は一瞬ぐずりましたが、もちなおしてアトラクションを静かに楽しんでいました。

↑出口にはバラの良い香りが

ディズニーランドに行ったら、好きなアトラクションにできるだけ乗りたいですよね!

今回の記事で、自分のお子さんが乗れるかどうかの参考になればうれしいです!

楽しい思い出を作れるよう、赤ちゃん第一で動いてくださいね

ちなみに、娘にディズニー英語のDVDを見せていますが、1歳6ヶ月になった頃、単語を言うようになりました!

私の足もとに来て、ぬいぐるみを上下に動かしながら『アッダウン!』(up and down)

と楽しそうに繰り返していました。

また、顔のパーツの名前も指さしして英語で言うようになり、『1歳でもちゃんと理解できるんだ!』と感動しました。

テレビはあまり早くからは見せてはいけないと言われているので、夕食を作る時間だけ見せていましたが、十分に効果を感じられました。

DVDはとっても楽しいのか、娘はいつも『早く見せて!』とせがんできます。

視聴中はテレビに出てくる子どもの動きをマネしたり、歌ったりしています。

手が空いているときは、私も一緒にDVDを見て娘と楽しんでいます。

現在、小学校3年生から英語教育が始まっています。

英語の重要性は、今後さらに大きくなっていくと考えられますし、受験でも英語ができた方が日本の試験は断然有利です。

今から英語の早期教育を積極的に取り入れていくことは、子どもの今後の将来性を大きく変えることになると私は思います。

何にでも好奇心いっぱいな今が、はじめるタイミングからもしれないですね。

気になる方は、まずは無料サンプルを試してみてください↓☆

ディズニーっていうだけでテンションが上がりますよね!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました